FC2ブログ

Slender Club Japan / Surfing Club

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オリンピックって

昨日はオリンピックが純粋なスポーツの祭典として意見しましたが

でもオリンピックって実際のところはどうなんでしょう?

1896年第1回オリンピックギリシャで開催されるも資金集めが大変だったそうです
1900年第2回パリ大会では賞金付き競技出現
1904年第3回セントルイス大会ではキセルマラソン発覚

そして政治的に利用されるようになった始まりがベルリン大会で
1936年第11回ベルリン大会でナチスドイツの宣伝大会となり
1948年第14回ロンドン大会には敗戦国のドイツ日本は招待されず
1952年第15回ヘルシンキ大会からソ連が参加するようになり東西冷戦の象徴のぶつかり合いが始まり
1968年第19回メキシコ大会では黒人差別を訴える場となり
1972年第20回ミュンヘン大会ではテロ事件いわゆるミュンヘン事件の舞台となり
1976年第21回モントリオール大会ではニュージーランドラグビーチームの南アフリカ遠征に抗議してアフリカ諸国22カ国がボイコットし
1980年第22回モスクワ大会にはソ連のアフガニスタン侵攻に反発してアメリカ、西ドイツ、日本などの西側諸国がボイコットし
1984年ロサンゼルス大会には報復として東欧諸国がボイコットしています

そしてお金に関しては
1976年第21回モントリオール大会では巨額の赤字を出し、この頃よりオリンピックの巨大化に伴って財政負担増大が問題となり、その後の立候補都市が激減しています。
そこで頑張ったのがアメリカで
1984年第23回ロサンゼルス大会ではオリンピックをショービジネス化し黒字を計上しました。スポンサーを一業種一社に絞りスポンサー料を吊り上げ、聖火リレー走者からも参加費を徴収するなどしたそうです。
そしてここから「オリンピックは儲かる」との認識が広まり立候補都市が激増しているようです。
誘致合戦が始まり誘致運動だけでも巨額の金額が投入されるようになりました。
ショービジネス化の流れでプロ選手参加も始まり、
1992年第25回バルセロナ大会ではアメリカNBA所属選手のドリームチームが参加し話題になりました
東西冷戦の終結からオリンピックの政治的色合いは薄くなりましたが、
その代わり、ドーピング問題や、過度の招致合戦によるIOC委員に対する接待や賄賂など組織の倫理面にまつわる問題が出来てました。

などなど、ネットで調べただけでも、とてもオリンピックが純粋なスポーツの祭典とはいえないということが
はっきりしました。

そういう大会なので、今回のレスリング外しも、なんらかの意図があって仕組まれたことなんでしょうね

納得はできないけど、しかたないという感じでしょうか・・・



スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第4回放送 | ホーム | なぜ?レスリング?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。