FC2ブログ

Slender Club Japan / Surfing Club

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

禁断のカード

とうとう中国が禁断のカードを切ってパンドラの箱を開けようとしています。

さあ、沖縄の左翼系の新聞マスコミさん、沖縄の立ち位置を明確にしないと本当にヤバイですよ!!!

いつまでも「反対!反対!」と子供みたいな事ばっかり言ってると・・・とんでもない事になりますよ!

沖縄の帰属「未解決」…人民日報が専門家の論文
読売新聞 5月8日(水)20時35分配信

【北京=五十嵐文】8日付の中国共産党機関紙・人民日報は、沖縄県・尖閣諸島に関し、「歴史的な懸案で未解決の琉球(沖縄)問題を再び議論できる時が来た」と主張する論文を掲載した。
 党や政府の見解を反映する同紙が、沖縄の帰属は「未解決」で、中国に領有権があると示唆したのは初めて。尖閣諸島で対立する安倍政権を揺さぶる狙いがあるとみられる。
 論文は、中国の政府系調査研究機関・中国社会科学院で中国近代史などを専門とする張海鵬研究員ら2人の連名。論文は「琉球は明清両朝の時期、中国の属国だった」とし、日本が武力で併合したと主張。日本は1895年1月に尖閣諸島を領土に編入しているが、論文は日清戦争を終結させた同年4月の下関条約の調印の際、「(敗北した)清政府に琉球を再び問題にする力はなく、台湾とその付属諸島(尖閣諸島を含む)、澎湖諸島、琉球は日本に奪い去られた」と指摘した。


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<健保組合の負担 | ホーム | 第6回放送>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。